About wpmaster

This author has not yet filled in any details.
So far wpmaster has created 39 blog entries.
26 08, 2014

思考をデザインする仕事

By | 2014-09-26T00:20:03+00:00 8月 26th, 2014|未分類|

週に1度、非常勤講師を努めさせていただいている学校の講義で心がけていること。デザイン作業の前にクライアント様の現状と課題の徹底した本質理解の上で、方向性を導き出す。その方向に向かって、他者からの認識指標となる言語・視覚の記号化の構築作業の結果としてデザインは成立することを常々伝えています。大切なのはその課題を捉える目と、多様な方角から見た課題に対する検証。それがなければ、指標なき単なるアイデア遊びになり、結果、このデザインはどう?どれにしましょうか?などという感覚的な選定基準の土台しか造れません。デザイナーは感性の職業で、これ、かっこいい・可愛い・・・作業中に己の感覚や世界に入り込むことは大切だとは思いますが、それはおさえるべき基本(守)を構築した上で、離れた視点での「引き出しとして」持つことが重要だと思います。まずは「思考をデザインする」ことからアプローチできるデザイナー育成の一助となりたいと最近切に思います。今週木曜日で前期の講義は終了するので、今夜は最終日の課題づくりに取り組みます。3人1チーム毎のワークショップ形式を実践してみようかと。上手く進めばいいのですが。 Client: http://www.it-college.ac.jp

21 08, 2014

1期目終了

By | 2014-09-26T00:20:31+00:00 8月 21st, 2014|未分類|

税理士の先生から連絡があり、電子申告を完了したとのことで事務所へ伺いました。決算報告書、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書を目の前にして、経営者として改めて実の引き締まる思いでした。利益に基づいて税金額も算出していただいたので明日にも納税します。明日、というのも弊社は4月末決算にも関わらず、私も先生もなぜか5月と勘違いしていて申告作業が7月からになってしまい2ヶ月遅れの申告になってしまいました。本来なら決算日から2ヶ月以内に申告が必要なのです。期限より遅れると延滞金が発生することもあるとのことなので、明日には納税しなければ、チャリンチャリンと会社の財布の中身が飛んでいくことに。ともあれ、ようやく全ての手続きを終えて、気持ちも新たに新年度がスタートします。このタイミングで、来週には県外某大手ブライダル会社へご挨拶に伺うチャンスをいただきました。感謝の気持ちを忘れずに良い一年の始まりにしたいところです。

13 08, 2014

まちかどコンセプト実験室

By | 2014-09-26T00:20:57+00:00 8月 13th, 2014|未分類|

kafuu na Labo 栄町。ちょっと大人で隠れ家的な小さな実験室、はじめます。 <コンセプト> このアーケイド街に事務所を立ち上げた理由は、久茂地や新都心にはない何かがあること。懐かしい、けど新しい。「懐かしい、から新しい」なのか・・・昼はお年寄りがいきいきとゆんたくしながら買い物。夜は大人達の提灯、社交場に変わる。癒しや笑い、優しさに満ちた空間。その場から、新しいコミュニケーションのカタチやアートや創造性、楽しさがきっと生まれるはず。メディア・アート・コミュニケーションに携わる者として、何かにチャレンジできる、何かを生み出せる、そんな場所だと思いました。そんなところで、平日はほとんど、クライアント近辺や外で過ごすのでうちの事務所のアイドルタイムを活かして、カフーの新しいLABO(実験室)をはじめます。たぶん週末限定かな、とは思います。 場所は栄町 東口中央アーケード入口の2F。栄町ではほぼメインストリート。1階は総菜の丸山さんです。道向かいには、ゆうなみグループの串カツきんぱちさん。昼は国際通りから流れてきた観光客の方や、夜は久茂地からも訪れる会社員の方々が集うエリアです。空間は11坪。床はウッディのカッティングシートに壁は白。窓が広くあります。照明はライティングレールなので位置の調整は自由。メタリアルなメインライトが一つ。事務所開店祝いにいただいたコーヒーメーカーっぽい機械もあります。好き勝手変化できる空間で、何かおもしろいことが出来そうな感じです。 たとえば、 「観光客の方々、向けに新しい商品やサービスのテイスティングや調査をしたい」 「夜の赤提灯のお客様へ、ほろよいワークショップを開いてみたい」 「ショートフィルムをつくっているのだけど白い壁に映して上映会をしてみたい」 「作ったパンやお菓子を週末だけ販売してみたい」 「ちょっとしたフリーマーケットがしたい」 などなど・・・ もちろん、作品や絵の展示もできます。   売りたいものや伝えたいことって、たくさんあるはず。 カフー・ナ・ラボをお店感覚で使ってみませんか? <カフー・ナ・ラボの特徴> ・那覇のなかでも、ちょっとディープな栄町。訪れる方々もその古さを新しさと認識して捉えることができる感度が高い方々が多く訪れます。 ・国際通りに飽きた観光客の方々も多く訪れます ・路面沿い。2Fですが抜群の視認性 ・壁、天井は白。床はウッド系。ライトはライティングレールで照明効果の自由度が高い ・クラッシュデザインプロジェクトで購入したテーブルとイームズ風チェア4脚 ・打ち上げの場所には困りません。生ビール出前ok 基本料金 1日レンタル: 10:00〜21:00 5,000円(税別) エアコン・電気使用量は別途1日あたり500円 ※スタート当初の企画ですので、ご予算や条件はご相談に応じます。 [...]

9 08, 2014

沖縄リゾートジュエリーの可能性

By | 2014-09-26T00:21:49+00:00 8月 9th, 2014|未分類|

client : 「Diamond Artist  エムズ オキナワ 様」 石垣島のミンサーのもつ「五つの四もあなたと共に」という由来を活かしたミンサーリングは昨今様々な企業が商品として立ち上げ、イメージが混在してきました。ミンサーリング=「カテゴリー名」での商品競争から脱却すべく、一つの強いブランドとして確立していくためには、お土産的なアクセサリーとしてのイメージから「リゾートジュエリー」としてスキームチェンジを果たす必要があります。その為の中期的な施策の一環としてツールから表現整理を行います。沖縄生まれの「リゾートジュエリーメーカー」としての地位を確立し、沖縄から世界へ輝きを創り出す企業になることを願ってお手伝いをさせていただきます。     プロジェクトは「トライポットプロジェクト」にて実施。

17 07, 2014

コミュニケーションガバナンスの重要性

By | 2014-07-17T23:41:25+00:00 7月 17th, 2014|未分類|

クライアント様のコミュニケーション展開において事後に問題となるケース。たとえば、あるブランドの表現コンセプトを開発し様々なメディアで媒体に落として展開していくうちに、スタート期から半年もするといつの間にか当初のコンセプトがおざなりになり目標としていたイメージの浸透が図れていない、ということはないでしょうか。 アウトプットされる様々なメディアでの表現に様々な人が関与し、その時々に応じてよりインパクトや注目を高めるようアレンジを加えていくことは、その時点では、新鮮な表現ができた!と納得することもおありでしょうが、結果がでない=実はコンセプトが死んでしまっていることを理解する必要があります。コンセプトというものは表現の指針であり、道しるべであり、そのブランドの哲学と直結しているものです。表層的な表現のバリエーションに一喜一憂することはブランド管理の側面では危うさにも繋がります。 危うさ=ブランドトーンが確立されない → 伝えたいことの「告知」はできるが、ブランド要素の浸透は図れない。 発信していく表現はコンセプトと直結した上での多面的な表現であるとともに、一元的なブランドの発信イメージ管理システム(コミュニケーションガバナンス)に基づいた表現であるべきです。末永くブランドイメージを表現でも確立している企業やブランドにはブレがありません。伝える内容は時々によって変わってもブランドトーンはそのままです。お客さまにはそのイメージは物語のように記憶されます。その物語はやがて、価格帯を超えてそのブランドを選ぶ大きな要素となるのです。大切に大切に、伝えていきたいものです。その気持ちは必ずお客様に伝わり、その世界感は選ばれるための礎になるものですから。  

30 06, 2014

By | 2014-06-30T20:36:45+00:00 6月 30th, 2014|未分類|

6月も終り。引っ越しも落ち着き、ようやく営業環境が整いました。スタートと同時に新しいプロ ジェクトのお話もいただき、とても感謝です。ただ、引っ越し先の栄町周辺の方々へのご挨拶もまだできていない状況なので、今週は挨拶用のDMの制作を早めに仕上げて挨拶回りにいきたいところです。

26 06, 2014

開業

By | 2014-06-26T14:49:28+00:00 6月 26th, 2014|未分類|

事務所開設につきロゴもリニューアル。 沖縄の魔除け、お守りでもあるサンをモチーフにKをアレンジしました。クライアントとお客様を幸せで結ぶ、存在でありたいという願いを込めています。     内観                                       事務所内装はこんな感じです。築30年のテナントを全面改装しました。蛍光灯をライティングレールに。   床を張替です。引っ越しも8割は完了しいよいよ本格的に営業開始です。        

15 06, 2014

事務所移転のご挨拶

By | 2014-06-16T22:56:06+00:00 6月 15th, 2014|未分類|

2014年6 月20日  那覇市の栄町へ事務所を移転します。 昭和の香り漂うまちゃーぐわーと、味のある小洒落た飲食店が集う温故知新なアーケイドの一角。築三十年の小さなビルの二階に事務所をつくりました。一階は天ぷらと総菜の老舗。階下にはフォークソングとナポリタンがよく似合う喫茶。迷路のようなスージーを歩けば、いつかみた魚屋や商店や衣料品店がゆるりと佇み、夕暮れ時にはヤングな串カツ屋台に明日への提灯がともります。内装は白。ロシアンオリーブが二本。チーク材を使って職人が丁寧につくりあげたカッコ温かいテーブルと、メタリアルなペンダントライトをシンボルに、感性を刺激する創造的空間を整えました。椅子はアーロンチェアですので長い作業でも苦になりません。  仕事の特徴は、印象深い結論をキャッチーな言葉と美しいデザインに集約して訴求することを第一とします。理論を超えたフィクションのチカラに重きをおきます。海外的戦略や巨大な分析のおためごかしを排します。対象となる誰もが瞬時に惹き込まれてしまう、いままでにない美しさや喜びや率直さや人間らしさを、見る方の心の糸に一本いっぽん紡ぎ合わせることを大切にします。そして、沖縄が好きな人々による、沖縄が元気になる広告やデザインをつくり、沖縄に暮らす人たちの生活のKAFUUを築く仕事に、全生命力を注ぎ込むのです。 楽しくて美しくて上質で、ほんとうに人々の生活に役に立つ商品やサービスがあって、訴求方法にお困りでしたら、心地よい朝のコーヒーとともに思い出して電話してください。

Load More Posts