Mesaage 2020-01-29T19:35:06+00:00

教育をクリエイティブの力でもっと楽しくする。

カフーとは沖縄の方言で果報を意味します。
現代の沖縄にとってのカフーとは何だろう?
年間入域観光客数1,000万人を目前に全国有数の観光地として注目を集める沖縄。
他方、全国最下位の県民所得と大学進学率、子どもの貧困、DVなど経済的・文化的・社会的な多くの課題を
抱えています。

我々はその全ての課題の根源にある教育こそが、
沖縄へカフーをもたらす鍵だと信じています。

硬くなりがちな教育を、クリエイティブの力でもっと楽しくすること。
学ぶことが楽しいと思える子ども達を増やしていくこと。
与えられる喜びよりも、生み出す喜びを知ること。

その先に沖縄のカフーを生み出す人材が育ち、未来の沖縄を築いて行くことを信じ汗をかき挑戦してまいります。

代表取締役・喜屋武 剛敏 /プランナー

Board Member

役員紹介


取締役・
島袋 弘人/エンジニア

国立電気通信大学卒業後、フリーランスを経て(株)レキサスへ。ウェブサイト開発・スマートフォンアプリ開発・グループウェア開発・クラウドプラットフォーム開発・行政向けシステム開発などITシステムに関わる様々な分野に携わる。⾏政関連事業、観光事業、新規事業など幅広いウェブサイトおよびIT関連システムに精通。2014年S&L Unitwd株式会社を設立、代表取締役CEO。現在に至る。


取締役 ・
伊地知 聡/ディレクター

大阪市立大学工学部、工学研究科修了。修士(工学)(株)リバネス沖縄支社在住。「研究者が科学を伝える仕組みづくり」を研究すべく、小中高の先生、大学や企業の研究者とパートナーになり、オリジナル実験教室、サイエンスショーの開発と実施など科学教育を軸に活動しています。専門は有機化学合成。論文など。2018年9月、水素社会を次世代へHondaの水素教室をコザ高校での実施をプロデュース。ロボディクスラボ那覇校運営ディレクター。


平良 美奈子/アライアンスパートナー

国立沖縄工業高等専門学校創造システム工学コース在学時に官民協働海外留学支援制度 トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムの奨学金を受け、シンガポールに2ヶ月滞在。母校沖縄高専の学生交流先の開拓に努め、計15箇所の受入を確約。同校を卒業し1年後、海外での経験を広げるためRYU×RYUフェスタを開催した。24歳で株式会社Umoreを立ち上げ、若者への留学や奨学金、キャリアの相談やマーケティング事業を行い、持続可能なグローバル人材エコシステムの仕組みづくりに取り組む。